事業紹介 – 講師派遣事業

講師派遣事業とは

私たち日本模擬国連(JMUN)は、模擬国連活動の普及をその活動目的の一つとしており、現在、事業の一環として全国の高校や大学といった教育機関、加えて社会人の方々へも講師を多数派遣させていただき、各地で模擬国連の授業を開催しております。
平成29年度は全国各地で計20回の派遣を行うなど、いただく以来数は右上がりをたどっており、我々も積極的に講師派遣を行っております。 こちらの事業にご参加いただき、「満足」してくださった方は94%、また、講師の対応に「とても満足」「満足」とお答えいただいた方も94%と高い満足度を得ております。
日本模擬国連の講師派遣の特徴といたしまして、
①皆様のご興味や体験時間に沿った議題を、対話を通じながら慎重にお選びいただけること
②全国大会や世界大会で活躍する優秀な講師が皆様に模擬国連の魅力をお伝えしていること
がございます。
また、「話したことのない人と話すことができた」、「一緒に同じ国を担当したペアや違う国を担当していた人の凄さ、良さを発見できた」等、コミュニケーション能力向上及び、新たな友人関係の確立など学術的観点以外からも有用性があります。

*希望される時期・条件によっては依頼をお受けすることができない場合がございます。
*講師の交通費は講演依頼者に負担していただいております。予めご了承ください。

講師派遣事業をお申込みいただいてからの流れ

派遣事業の流れは以下の図のようになっています。

*これはあくまで一例であり、皆様のご期待、ご要望に沿えるような形で柔軟に対応いたします。

会議説明

安保理改革

会議詳細
議場
国際連合第 64 会期総会本会議
議題
Question of equitable representation on and increase in the membership of the Security Council and related matters

議題論点概要
最近の国連に関するニュースでもたまに目にする、安保理改革について話し合う会議となっています。中でも、議席拡大・拒否権・透明性を論点とし、主に改革推進派のG4、アフリカ諸国、そしてP5の議論が行われます。

気候変動枠組条約締約国会議

会議詳細
議場
気候変動枠組条約締約国会議(COP)

議題論点概要
2020年以降の新たな気候変動・地球温暖化に対する取り組みを話し合う会議となっています。前回のCOP20にて決められた「すべての国が排出量削減目標を出す」という合意のもと、「新たな温室効果ガス削減目標」について先進国、途上国(新興国)の間で議論が繰り広げられることになります。

食糧安全保障

会議詳細
議場
WTO(世界貿易機構)
議題
食糧安全保障と貿易の文脈における持続可能な開発(Sustainable development in the context of food security and trade)

議題論点概要
WTO閣僚会議という自由貿易に関するルールを話し合う場において、食料安全保障に基づいた輸出規律・市場アクセス・国内措置の論点で話し合う会議となっています。内容としては、経済的視点・知識が多く問われるものになっており、やや中級者向けの議題です。

エネルギー安全保障

会議詳細
議場
国際原子力機関(IAEA)
議題
国際的な原子力安全に向けたIAEA行動計画の策定(Legisration of IAEA Action Plan For International Nuclear Safety )

議題論点概要
国際原子力理事会において、2011年3月に発生した地震に伴う福島第一原子力発電所の事故の評価、及び今後を見据えた国際的な相互安全評価システムの取り組みについて話し合う会議となっています。最近の出来事、かつ日本に深く関わりがあることから、特に身近に感じられる議題となっています。

国連カフェ

会議詳細
議場
国連総会
議題
国連カフェメニューの決定(Deciding of menu of United Nations cafe)

議題論点概要
国連のカフェテリアで出されるメニュー内容について、経済的・文化的・宗教的観点から先進国グループと途上国グループの間で主に話し合う会議となっています。実際の国連で行われる会議ではありませんが、初心者の方でも議論に参加しやすい議題です。

水の人権

会議詳細
議場
国際連合第64会期総会本会議
議題
水の人権(The human rights to water)

議題論点概要
水にアクセスすることが人権かを、水は商品である&ニーズであるといった対立概念を踏まえ、貧困層と富裕層のギャップについて考えながら話し合う会議となっています。当たり前に身近にあるはずの「水」について、改めて考え直すきっかけになる議題です。

防災(Disaster Risk Reduction)

会議詳細
議場
第3回国連防災世界会議
議題
防災(Disaster Risk Reduction)

議題論点概要
国連防災世界会議の場において、グローバルな防災戦略のもと各国の対応、開発、気候変動との関係・国際協力の論点について話し合う会議となっています。日本・仙台市で実際に行われた会議で、模擬国連で扱うものとしてもややユニークな議題な議題となっています。

国連公用語( official language of United Nations)

会議詳細
議場
国際連合第69会議総会本会議
議題
国連公用語( official language of United Nations)

議題論点概要
国連公用語にどの言語が相応しいかを、公用語として考慮すべきリソースから話し合う会議となっています。「国連カフェ」と同様、実際の国連会議で議論される議題ではありませんが、比較的シンプルでわかりやすいため、初心者向けと言えるでしょう。

会議情報の申請フォーム

派遣事業会議情報請求フォーム

講師派遣事業をご検討されている方へ、本事業で使われる会議資料を送付いたしております。ご希望の方は上記のフォームからお申し込みください。

体験者様の感想

2015年度の講師派遣事業参加者からのご感想やご意見です。

体験会議に「満足」してくださった方は94%、また、講師の対応に「とても満足」「満足」とお答えいただいた方も94%と高い満足度を得ております。
これは
①皆様のご興味や体験時間に沿った議題を、対話を通じながら慎重にお選びいただけること
②全国大会や世界大会で活躍する優秀な講師が皆様に模擬国連の魅力をお伝えしていること
の賜物であります。

高校1年 女性
「自分は日本で暮らしていて、他の国の政策に目を向ける機会はなかったので、色々な国を考えるいい機会となった。今回、中国を担当することとなったが、中国の視点となって交渉を進めるのは容易ではなかった。事前に中国について調べたが、やはり日本人の持つ中国のイメージからも中国の主張を作っていくのは難しかった。」

高校1年 女性
「自分の意見を正確に伝えることの難しさを知りました。たくさん与えられる情報の中で必要なものとそうでないものをそうでないものを分け、考えをまとめ、伝える、ということを体験でき、自分にとってよい経験だったと思います。ありがとうございました。」

高校1年 女性
「他国の立場に立って日本について見て、考えるということはこのような機会がなければ中々ないことで、今までにない新しい視点から日本を見るというのは新鮮だったと思います。これを機会に多くの視点から世界全体を見ることが出来るようになればいいと思いました。」

また、「話したことない人と話すことができた」、「一緒に同じ国を担当した同輩や違う国を担当していた人のすごさ、良さを発見できた」等、コミュニケーション能力向上及び、新たな友人関係の確立等学術的観点以外からも有用性があります。

トップへ戻る