駒場研究会

代表挨拶

 

皆様、初めまして。13期会長を務めております、山本康太と申します。

私たちが普段活動している模擬国連駒場研究会(こまけん)は、模擬国連活動を行うサークルです。模擬国連とは、参加者が各国大使として、総会や安全保障理事会など、国際連合の諸議場を主な舞台として、与えられた議題に対して各国の国益に鑑みつつ取り組んでいく活動です。

先代以来、駒場研究会は模擬国連を「知の総力戦」と捉え、真摯に活動と向き合ってきました。模擬国連においては、議題に対する知識に限らず、交渉力や論理的思考力、さらには議論を有利に進めていく力も重要となります。特定の分野に限らない、幅広い能力が要求されるからこそ、そこから得られる学びはより一層深みを増すものとなるのだと、これまでの活動を通じて実感してきました。

模擬国連活動に何を求め、どこに魅力を感じるか。その答えは研究会員によって様々です。総合的な能力が要求される競技性に魅力を感じ、質の高い議論の中で成長を見出そうとする研究会員もいれば、様々な国際問題を取り扱う学術性に惹かれ、広範な知識の習得に励む研究会員もいます。模擬国連活動の魅力が様々な点に見出せることは間違いなく、このページをご覧になっている皆様も、実際の活動を通して、違う魅力にお気づきになるかもしれません。

議場で展開される質の高い議論は、駒場研究会の伝統そのものであり、何よりも大きな魅力です。ハイレベルな環境で切磋琢磨する同期や先輩の存在が、研究会員の絆をより一層強固なものとしています。年間の研究会会議での経験を踏まえ、全国大会に挑戦する研究会員も多数存在します。また、会議外では、こまけんの皆で夏や冬に旅行に出かけることもあり、普段から和気藹々とした居心地のいい雰囲気が自然と生み出されています。

是非、一度実際にお越しになって、活動に励む我々の姿を見ていただければ、と思います。

2020年度 駒場研究会 第13期会長
東京大学 文科一類 2年 山本 康太

活動場所・日時

毎週月曜日 18:30~21:00 東京大学 駒場キャンパス

HP/SNS

HP:http://jmun.org/komaba/
Twitter: https://twitter.com/komabamun

イベント情報

Coming soon…

所属大学

東京大学・お茶の水女子大学・中央大学・聖心女子大学など

トップへ戻る