事業紹介 – 九州サマーセッション(九州SS)

事業概要

 九州サマーセッションとは、毎年九月の中旬に開かれる日本模擬国連主催の全国会議です。九州にて行われ、一つの大会に一つの議場という、各参加者が密接に繋がりやすい構造が特徴です。

代表挨拶


 皆様こんにちは。第28回九州サマーセッションの事務総長を務めております、九州支部老メンの西澤真由と申します。

 さて、皆様のご愛顧賜り、九州サマーセッションは28回目を迎えました。コロナウイルス感染拡大の情勢を鑑み中止した回もある中、こうして再び開催ができることは、重ね重ねではありますが皆様からの温かいご声援によるものです。ありがとうございます。

 日本模擬国連が主催する全国会議4つのうち、2番目に開催される九州サマーセッションには、これまでオンライン開催等の変更があってなお変わらない大きな特徴がございます。それは、一大会一会議、つまり全員同じ会議に参加するため参加者間の交流が深まることです。国家や組織の代表としての知識を蓄え、意見を交わす模擬国連において一見関係の薄い特徴ではありますが、交流が深まることの何が良いのでしょうか。それは、全国で切磋琢磨する同期や憧れの先輩に出会い、交流を深めることで知らなかった模擬国連の魅力に気づき、そして新しい知識を得られるということです。

 今大会に参加される方々には会議制作陣が心と熱意を込めて作った重厚な会議をお楽しみいただくことはもちろん、ぜひ様々な人とかかわりあって新たなものを得る良いチャンスを活かしていただけたら幸いです。

 特に今回九州サマーセッション事務局一同は、大会終了まで皆様にこの特徴を感じていただけるよう尽力しております。

 本活動に変わらぬご理解とご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

第28回模擬国連会議九州サマーセッション大会事務局総長
北九州市立大学3年
西澤真由

トップへ戻る