事業紹介 - 全米大会日本大使団派遣事業(全米団)


事業概要

 緒方貞子氏によってはじめられた、日本の模擬国連活動の原点である模擬国連会議全米大会派遣事業は、毎年ニューヨークにおいて開催される模擬国連会議全米大会(National Model United Nations Conference)に日本からの代表団を送る事業です。全米大会は、国連本部の総会議場にて行われ、参加総人数約5000人、30か国以上から学生が参加している世界最大規模の模擬国連大会です。大会では、日本人同士でペアを組むのではなく、現地、アメリカの提携大学の大学生とペアを組みます。当事業では、団員の選抜から団員育成、渉外まで運営は全て学生の手で行っており、東京大学、慶應義塾大学、大阪大学、青山学院大学、同志社大学などの学生が所属しています。毎年、派遣された団員は、次年度の団員派遣のための運営局員として約1年間事業運営に携わります。
 
 渡米を重要な区切りとして、当事業の活動は渡米前・渡米中・渡米後の3つ期間から成り立っています。第1の期間は、渡米に向けて日本で準備を行う団員育成プログラム、第2の期間は、全米大会への参加を含む渡米プログラム、そして第3の期間は、次代日本代表団派遣のための事業運営です。

   毎年、国連大学にて開かれる政策発表会では、元国連職員の方や、大使館の方、大学教授の方など数々の外交官や有識者の方々をお招きして、政策に磨きをかけて全米大会に出場しています。当事業は、大会参加だけでなく国連機関へのブリーフィングも実施しており、日本政府代表部、IAEAのNY事務局長、PKOアジア中東局長、グローバルコンパクト、国連開発計画、国連人道調整事務所、国連政務部、世界銀行、イラク制裁委員会、国連環境計画、UN Womenの方などから直接お話をいただく機会を設けています。
 
 本年度派遣された第33代代表団も名誉大使団賞を受賞(8年連続20回目)させていただきました。また、約400人の議場参加者の中から最優秀ポジションペーパー賞を獲得した学生や、約100人の議場の中から最優秀大使賞を受賞した学生もいます。当事業の出身者は、外務省などの官庁、国連、一流企業などで働いており、日本や世界の外交や経済を支える人材を多く輩出しています。

代表挨拶


皆様こんにちは。
第34代模擬国連会議全米大会日本代表団(全米団)派遣事業運営局において、団長ならびに運営統括を務めます、木下航と申します。

緒方貞子氏のご協力のもと、日本代表団を模擬国連の全米大会に派遣するため発足した当事業は、本年で34年目を迎えました。その34年という長い年月で世界は大きくグローバル化を遂げました。しかし、日本人の国連職員数問題に代表されるように、世界で活躍する日本人の数は多くないと言われています。当事業はこのような状況においてこそ、設立当時の目的であった、世界で活躍できる日本人を育成するということに立ち返ります。

以上を踏まえ今年度、当事業は、
“Confrontation” “Cooperation” “Contribution”
をコンセプトに掲げ運営に取組んで参ります。

 国際規模の模擬国連会議に日本代表団として挑むにあたり各団員は、社会で問題視されるある事象に対し、その事象を引き起こす本当の根源が何なのかといった、問題の本質を見極めるための「問い」を自ら提起し、それに向きあうこと(Confrontation)が必要になります。
さらに、その「問い」の探求や問題の解決は、自己だけでなく多様な価値観を持つ他者と共に行うこと(Cooperation)が常に求められます。このような他者を巻きこみながら問題の解決に挑んでいくリーダーを育成することを運営局は当事業の中心に据え、リーダー育成機関として当事業が国際社会に寄与(Contribution)することを目指します。
具体的には、上述したような3つのプロセスを実行が出来る人材を育成するため、世界中から選りすぐられた大使団が集うリアルな国際の意思決定の場に、一大使として携わる経験を将来ある大学生に提供いたします。全米大会の経験や、その後の事業運営から得たものを周りへ還元することで同世代に刺激を与え、また近い将来、実際の国際社会でも中枢的役割を担い活躍することで、実社会への波及を実現させる次第です。

 最後となりましたが、日頃より当事業へのご理解ご協力をいただいております顧問の先生方、財団・企業の皆様、協賛・後援団体の皆様、そして全国の日本模擬国連会員の皆様にこの場をお借りして改めて厚く御礼申し上げます。今後とも、皆様の当事業への変わらぬご理解とご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。


模擬国連会議全米大会第34代日本代表団派遣事業 運営統括・団長
東京大学教養学部文科一類2年 木下航



最新情報

~2016年度選考スケジュール~
8/1~8/28 アプライ期間
9月より選考開始、10月15、16日に選考会議
11月上旬 派遣団員発表 


*詳しい選考日程は決まり次第お知らせします。
*アプライをお考えの方向けにガイドブックを発行いたしました。ぜひご覧ください。

詳細は、当HPのイベント情報、もしくは全米団HPをご覧ください。


HP・SNS

全米団HP:http://nmun-jpn.jimdo.com/
NMUN HP:http://www.nmun.org/



主催・協力事業

  • ~主催事業~