事業紹介 - 関西大会(KMUNC)


事業概要


 模擬国連会議関西大会(KMUNC)は毎年8月に開催される、西日本最大規模の模擬国連大会です。今年で19回目の開催となり、8月26日~8月28日に神戸にて行います。新しい年度を迎えてから初めての全国大会であり、関西だけでなく、日本全国から約250名程度の参加者が集まります。多種多様な議題を取り扱った7つの日本語会議を提供することで、様々な特色のある会議への参加を可能にし、模擬国連のさらなる発展を目指しています。


代表挨拶

shirasu
 皆様こんにちは。
 第19回模擬国連会議関西大会におきまして事務総長(運営代表)を務めます、白須理紗子と申します。

 模擬国連とは、一人一人が各国の大使を担当し、国際会議を模擬する活動のことです。実際に過去に起こった出来事や現在実際に起こっている多国間外交を体験することで、国際政治や国際問題への理解を深めることができます。ただし、単にディベートのように相手を論破するだけではなく、国際社会での評価や外交関係、国内政策、世論など様々な要素を考慮しながら、他国をひきつけ味方にしたり、自分や相手との妥協点を探ったりするなど、様々な駆け引きを行います。

 起源は戦前にも遡るとされ、現在日本では大学生を中心に活動の輪が広がっています。そしてこの広がりは年々拡大しており、私自身、1~2年の間でもその差を肌で感じるほどであります。

 さて、模擬国連会議関西大会の重要な目的は、大きく分けて2つあります。

 1点目は、模擬国連会議を通じ、参加者の能力や知的好奇心の向上を基礎においた人材の育成です。模擬国連会議を通じてたくさんの学生が難解な国際問題の解決のために思考をめぐらすことで、様々な能力を向上させ、物事を多角的な視点で考えるすべを身に付け、国際社会で活躍できる人材へと成長することが期待されており、当大会はそのような機会の提供をする場の1つとなっております。

 2点目は、関西において学生同士が切磋琢磨する場を設けることで、学生間の交流を促進するだけでなく、お互いに刺激を与えあう環境を作ることにあります。

 当大会は今年19回目の開催となり、来年には第20回大会という節目を迎えることとなります。これはひとえに皆様の温かいご支援、ご愛顧の賜物であり、この場を借りてお礼申し上げます。そして、これからも関西大会は、さらなる高みを目指すとともに、模擬国連の普及と発展に寄与してまいります。

 今後とも本活動並びに本大会へのご理解とご支援、そしてご参加を賜りますよう、お願いを申し上げます。

第19回模擬国連会議関西大会事務総長(運営代表)
立命館大学3年 白須 理紗子



開催時期

2019年8月26日(月)~28日(水)


HP・SNS

HP:第19回模擬国連会議関西大会公式HP



ページのトップへ戻る