団体概要


組織の略歴

日本模擬国連は、1982年に発足した「模擬国連委員会」が起源です。

1993年までは「模擬国連委員会」とその「関西支部」が活動しておりましたが、会員数の増大に伴い活動の便宜性を向上するため活動を組織上切り離す形で関西支部が「関西模擬国連委員会」として設立されることとなりました。しかし、それ以降も全日本大会を関東関西で交互に開催するなど親密な関係は継続されました。

2007年頃からは「模擬国連委員会」及び「関西模擬国連」の上に立つ新団体の規約作成への取り組みが進んでいきました。2009年12月30日にようやく全国代表者の承認の下、「日本模擬国連」が設立されました。そして「模擬国連委員会」は「日本模擬国連関東事務局」に、「関西模擬国連」は「日本模擬国連関西事務局」となりました。


団体理念

JMUN(日本模擬国連)は、以下の4つの理念の下で活動しています。


JMUNidea



組織図

JMUN(日本模擬国連)の傘下には、7つの研究会と2つの支部が存在しています。
また、JMUNは5つの事業を主催するほか、他団体とも協力して様々な事業の運営に携わっています。




会員の構成

JMUN(日本模擬国連)は、日本全国に存在する約800名の大学生会員によって構成されています。

会員の主な所属大学は、東京大学、京都大学、大阪大学、一橋大学、東京外国語大学、金沢大学、神戸大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、同志社大学、立命館アジア太平洋大学(APU)、北九州市立大学などです。国際系や法・政治学系の学部に通う学生だけではなく、経済学部や文学部、はたまた理学部や工学部など理系の学生も多数所属しております。

所属会員の多様さも、この団体の特徴・魅力の1つと言えましょう。

(2016年2月8日時点)




2018年度代表部 役員紹介







2014年度代表部の役員紹介はこちらから。
2015年度代表部の役員紹介はこちらから。
2016年度代表部の役員紹介はこちらから。
2017年度代表部の役員紹介はこちらから。


ページのトップへ戻る