団体概要


組織の略歴

日本模擬国連は、1982年に発足した「模擬国連委員会」が起源です。

1993年までは「模擬国連委員会」とその「関西支部」が活動しておりましたが、会員数の増大に伴い活動の便宜性を向上するため活動を組織上切り離す形で関西支部が「関西模擬国連委員会」として設立されることとなりました。しかし、それ以降も全日本大会を関東関西で交互に開催するなど親密な関係は継続されました。

2007年頃からは「模擬国連委員会」及び「関西模擬国連」の上に立つ新団体の規約作成への取り組みが進んでいきました。2009年12月30日にようやく全国代表者の承認の下、「日本模擬国連」が設立されました。そして「模擬国連委員会」は「日本模擬国連関東事務局」に、「関西模擬国連」は「日本模擬国連関西事務局」となりました。


団体理念

JMUN(日本模擬国連)は、以下の4つの理念の下で活動しています。


JMUNidea



組織図

JMUN(日本模擬国連)の傘下には、7つの研究会と3つの支部が存在しています。
また、JMUNは5つの事業を主催するほか、他団体とも協力して様々な事業の運営に携わっています。


会員の構成

JMUN(日本模擬国連)は、日本全国に存在する約800名の大学生会員によって構成されています。

会員の主な所属大学は、東京大学、京都大学、大阪大学、一橋大学、東京外国語大学、金沢大学、神戸大学、神戸市立外国語大学、横浜国立大学、横浜市立大学、慶應義塾大学、早稲田大学、津田塾大学、青山学院大学、明治学院大学、南山大学、上智大学、法政大学、同志社大学、立命館大学、立命館アジア太平洋大学(APU)、北九州市立大学などです。国際系や法・政治学系の学部に通う学生だけではなく、経済学部や文学部、はたまた理学部や工学部など理系の学生も多数所属しております。

所属会員の多様さも、この団体の特徴・魅力の1つと言えましょう。

(2016年2月8日時点)




2019年度代表部 役員紹介



  2019pres  

代表
矢島 壮
So YAJIMA
 
出身地:東京都荒川区
早稲田大学政治経済学部国際政治経済学科 3年次在学中

経歴

    2018年

  • 日本模擬国連早稲田研究会第36期副会長
  • 2018年日本模擬国連早稲田研究会新歓会議 「EUの難民分担をめぐる問題」議長
  • 2019年

  • 2019年度日本模擬国連関東事務局五研春の一日体験会議 「災害リスクの削減」秘書官
  • 第19回模擬国連会議関西大会 「デジタル時代におけるプライバシーの権利」議長

矢島より抱負
 JMUN代表として皆様の期待に応えられるよう誠心誠意取り組んで参ります。重責ではございますが、全力で頑張る所存ですのでよろしくお願いいたします。




副代表
福村 康太朗
Kotaro FUKUMURA
  
出身地:東京都武蔵野市
早稲田大学政治経済学部国際政治経済学科 3年次在学中

経歴

    2018年

  • 日本模擬国連早稲田研究会第36期副会長
  • 2018年日本模擬国連早稲田研究会強化会議 「条約法に関するウィーン条約」議長
  • 2019年

  • 2019年日本模擬国連関東事務局長

福村より抱負

 JMUN副代表、そして関東事務局長を兼任する上で両組織を結ぶ存在としての責任感を持ちつつ、模擬国連の発展のために任期の間精進していきます。

 副代表として代表の補佐をしつつ、他の活動にも積極的に関わっていきたいと思っています。模擬国連の醍醐味である会議や会員同士の交流など今後より一層、質を向上させ提供できたらと思っています。多くの会員が所属している中、なるべくたくさんの意見を取り入れ満足度を高めたいです。

 それでは皆様今後1年間よろしくお願いいたします。


 

副代表
松本 悠久
Haruka MATSUMOTO

出身地:福岡県古賀市
神戸市外国語大学外国語学部国際関係学科 3年次在学中

経歴

    2018年

  • 日本模擬国連神戸研究会第25期会長・広報補佐
  • 2018年日本模擬国連関西事務局広報補佐
  • 2018年日本模擬国連神戸研究会前期会議 「天然資源に対する恒久的主権」議長
  • 2018年日本模擬国連神戸研究会冬会議 「ヒトクローン個体産生禁止条約」秘書官
  • 2018年日本模擬国連関西事務局プロシージャ会議秘書官
  • 有志会議 「御前会議2018」報道官
  • 2019年

  • 日本模擬国連関西事務局第30期事務局長
  • 2019年日本模擬国連関西事務局プロシージャ会議報道官
  • 第19回模擬国連会議関西大会 「侵略の定義」会議監督兼議長


松本より抱負

 模擬国連という活動は大きな分岐点にさしかかっています。模擬国連活動が日本で始まって35年以上が経過し、いつの時代においても、模擬国連はその活動自体とコミュニティー機能の両面において他にない魅力と楽しさを提供し続けて参りました。それが多くの先輩方の情熱と尽力の上に成り立っていることは言うまでもありません。

 しかし、現状の模擬国連では、次第に運営の労力がその楽しさを上回る場面が散見されるようになっています。模擬国連の活動は拡大し続けてきましたが、他方で模擬国連の会員数は減少傾向にあり、ただ変化なく従来の焼き直しをするだけでは個々人の負担は増える一方です。だからこそ我々は今、模擬国連の活動のあり方を考え直す必要に迫られています。

 日本の模擬国連は黎明期、拡大期、独立期を経て、現在は統合期を迎えており、その統合の取り組みの一つの成果として2009年にJMUNが設立されました。そしてこれからJMUNに求められる役割は、統合から効率化の先導へと移り変わっていくでしょう。JMUNが先導し、各団体の独自性を保ちつつも可能な範囲で組織内での活動を超え、大きな枠組みで組織間の連携・交流・協力を深めることは、少ない人員で最大限の成果を得る最適解だと考えます。

 私は今年、先輩方から関西事務局を引き継ぎ、模擬国連の発展に貢献する機会をいただきました。関西事務局長、そして日本模擬国連副代表としての私の最大の責務の一つは、各会員が模擬国連活動を続ける上で障害となるハードルを可能な限り緩和し、各会員が十二分に模擬国連を楽しめる環境を提供していくことであると考えています。

 多くの先輩方が我々にしてくださったように、今度は私が、模擬国連組織や後代の模擬国連会員に対して、模擬国連の良さを伝えていけるよう尽力して参ります。



事業担当
石原 誠大
Masahiro ISHIHARA

出身地:山梨県甲府市
一橋大学経済学部 3年次在学

経歴

    2018年

  • 日本模擬国連国立研究会第36期企画
  • 一橋総務
  • 印刷総務

石原より抱負

こんにちは。2019年日本模擬国連事業担当を務めます、石原誠大です。私は模擬国連は多くの人が体験するべきとても魅力的なコンテンツであると考えています。

模擬国連の中で必要となる、リサーチや論理構成力、リーダーシップは社会に出て活躍する人材を育成する意味で有効であることはもちろん、競技としての面白さも兼ね備えています。そんな模擬国連をより多くの方に知ってもらい、その魅力を感じていただくために1年間尽力したいと思います。よろしくお願いいたします。


事業担当
馬場 加奈
Kana BABA

出身地:東京都渋谷区
上智大学法学部国際関係法学科 3年次在学

経歴

    2018年

  • 日本模擬国連四ツ谷研究会第36期会長
  • 2018年日本模擬国連四ツ谷研究会前期会議 「ストックホルム国連人間環境会議」秘書官
  • 2018年度日本模擬国連関東事務局五研新メン会議 「武器貿易条約に関する国連最終会議」秘書官
  • 2019年

  • 第19回模擬国連会議関西大会 「領海幅員、資源管轄権並びに国際海峡の問題」秘書官
馬場より抱負

 模擬国連は「知の探求と実践」です。

 自分の専門分野であれ、専門外の分野であれ、会議に参加すれば、一つの国(立場)として、様々な角度か問題を分析していくことになります。それはまさに、より幅広く、より深い「知の探求」の機会になります。

 また、歴史学や政治学、経済学などを学んだとしても、アウトプットする機会を得ることはなかなかできません。世界中の学生によって行われている模擬国連は、そうした実践の難しい分野で学んだ知識を、外交官の立場を疑似体験することによって、アウトプットできる貴重な活動だと日々感じています。

 そして模擬国連の大きな魅力の一つは「人とのつながり」です。かけがえのない仲間との出会いが、私が模擬国連を続けている理由の一つでもあります。

 皆様が、知の探求と実践のために、素晴らしい仲間と共により良く活動できるように、そしてこの模擬国連を、より多くの方々に知って頂けるように、尽力してまいりたいと思っておりますので、よろしくお願い致します。

※次世代のSDGs推進プラットフォーム担当と兼任


事業担当
別役 将
Sho BETSUYAKU

出身地:東京都町田市
東京経済大学現代法学部現代法学科 3年次在学

経歴

    2018年

  • 日本模擬国連国立研究会第36期会長・新歓統括
  • 2018年日本模擬国連国立研究会後期会議 「安保理決議第119号に基づく緊急特別総会」会議監督
  • 2018年度日本模擬国連関東事務局五研新メン会議 「多国籍企業と人権」秘書官
  • 第18回模擬国連会議関西大会 「2030年までの教育分野に関するフォーラム(高校生会議)」副会議監督
別役より抱負

 模擬国連活動普及、発展のために尽力する所存です。

※次世代のSDGs推進プラットフォーム担当と兼任


事業担当
三宅 里奈
Rina MIYAKE

出身地:大阪府堺市
立命館大学法学部 3年次在学

経歴

    2018年

  • 日本模擬国連京都研究会第25期研究統括
  • 2018年日本模擬国連京都研究会春会議 「東エルサレムとパレスチナ占領地域におけるイスラエルの違法行為」会議監督
  • 2018年日本模擬国連京都研究会ミニ体験会議 「イラク・クウェート情勢」会議監督
  • 2018年日本模擬国連京都研究会一日体験会議 「第17回国連気候変動枠組み条約締約国会議」会議監督
  • 2018年日本模擬国連京都研究会オリエンテーション会議 「核軍縮・不拡散」会議監督
  • 2018年日本模擬国連京都研究会新メン会議 「ルワンダ情勢」議長
  • 2019年

  • 第19回模擬国連会議関西大会副事務総長
  • 第25回模擬国連会議九州サマーセッション 「第三次印パ戦争」会議監督
  • 2019年日本模擬国連京都研究会春会議 「国際機構に関する連合国会議」秘書官
  • 2019年日本模擬国連京都研究会一日体験会議 「第17回国連気候変動枠組み条約締約国会議」秘書官
三宅より抱負

 こんにちは、2019年日本模擬国連渉外担当・事業担当を務める三宅里奈です。

 模擬国連の更なる普及と発展のために尽力します。よろしくお願いいたします。

※渉外担当と兼任


事業担当
林 瀅瀅
Yingying LIN

出身地:千葉県市川市
慶應義塾大学経済学部経済学科 3年次在学

経歴

    2017年

  • 第29回模擬国連会議全日本大会 「Sustainability of Media, Journalism and Information」報道官
  • 2018年

  • 日本模擬国連日吉研究会第23期会長
  • 2018年日本模擬国連日吉研究会強化会議 「食糧安全保障〜How to feed 9 billion in 2050〜」議長
  • 2018年度日本模擬国連関東事務局五研新メン会議 「武器貿易条約に関する国連最終会議」秘書官
  • 2019年

  • 2019年度日本模擬国連関東事務局五研春の一日体験会議 「災害リスクの削減」秘書官
林より抱負

 はじめまして、2019年日本模擬国連事業担当の林瀅瀅です。

 昨年は日吉研究会の会長として、JMUNの可能性や課題を近くで感じる機会が多くありました。その経験を活かし、組織の発展や会員とのつながりを常に意識しながら、目の前の仕事に丁寧に向き合っていく所存です。

 どうぞ一年間、よろしくお願いいたします。


会計担当
二木 浩司
Hiroshi FUTATSUGI

出身地:神奈川県川崎市
東京大学工学部航空宇宙工学科 3年次在学

経歴

    2018年

  • 日本模擬国連駒場研究会第11期研究統括・会計
  • グローバル・クラスルーム日本委員会理事
  • 2018年日本模擬国連駒場研究会強化会議 「2003年イラク危機」会議監督
  • 2018年度日本模擬国連関東事務局五研新メン会議 「武器貿易条約に関する国連最終会議」会議監督
  • 2019年

  • グローバル・クラスルーム日本委員会理事
  • 2019年度日本模擬国連関東事務局五研春の一日体験会議 「災害リスクの削減」会議監督
  • 第19回模擬国連会議関西大会 「デジタル時代におけるプライバシーの権利」副会議監督
二木より抱負

 責任のある仕事ですが、きちんと全うするつもりです。


渉外担当
岡峯 凪咲

Nagisa OKAMINE

出身地:愛知県岡崎市
上智大学法学部国際関係法学科 3年次在学
経歴

    2018年

  • 日本模擬国連四ツ谷研究会第36期新歓統括・広報
  • 第30回模擬国連会議全日本大会運営事務局海外担当
  • 2018年度上南戦 「イスラエル占領下のエルサレムをイスラエルの首都とし、大使館をエルサレムに移す米国宣言」秘書官
  • 2018年日本模擬国連四ツ谷研究会葉月会議 「国際移住と開発」秘書官
  • 第30回模擬国連会議全日本大会 「Protection of Human Rights while Countering Terrorism」秘書官
岡峯より抱負

 これまでの2年間を通して私が模擬国連で得られた経験を、次世代も同様に受けられるよう、そしてより多くの方へ模擬国連を知って頂けるように頑張ります。1年間よろしくお願い致します。


渉外担当
倉石 東那
Haruna KURAISHI


出身地:長野県松本市
津田塾大学学芸学部国際関係学科 3年次在学

経歴

    2018年

  • 日本模擬国連国立研究会第36期研究統括・OBOG担当
  • 2018年日本模擬国連国立研究会強化会議 「捕鯨に関する規制の再検討」議長
  • 2018年日本模擬国連国立研究会前期会議 「シリアにおける化学兵器使用疑惑に対するICCへの付託検討」秘書官
  • 2018年日本模擬国連国立研究会秋会議 「ミャンマーにおけるあらゆる暴力への対策」会議監督
  • 第18回模擬国連会議関西大会 「朝鮮民主主義人民共和国への対応」秘書官
  • 2019年

  • 2019年度日本模擬国連関東事務局五研春の一日体験会議 「災害リスクの削減」秘書官
倉石より抱負

 模擬国連を内外に幅広く知っていただけるように、今までの私の経験をできる限り活用しながら、JMUN officeの活動に努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

※次世代のSDGs推進プラットフォーム担当と兼任


渉外担当
塚原 啓太
Keita TSUKAHARA


出身地:長野県上田市
早稲田大学社会科学部 3年次在学

経歴

    2018年

  • 日本模擬国連早稲田研究会第36期会長
  • 2018年日本模擬国連早稲田研究会強化会議 「条約法に関するウィーン条約」秘書官
  • 2018年度日本模擬国連関東事務局五研新メン会議 「多国籍企業と人権」秘書官
  • 2019年

  • 2019年有志会議 「ウィーン会議」会議監督
塚原より抱負

 HPをご覧の皆さまこんにちは。今年、JMUN Office にて渉外と事務を担当させていただきます、塚原 啓太と申します。光栄にもOffice に所属させていただいた身として、JMUN に、模擬国連に、そして社会に何ができるかを考え続け、実践していくことが私の使命だと感じています。そのことが少しでも模擬国連、JMUN の発展に寄与できるなら、幸甚この上ないです。

※事務担当と兼任


組織改革担当
児玉 大河
Taiga KODAMA

出身地:神奈川県川崎市
慶應義塾大学法学部政治学科 3年次在学
経歴

    2018年

  • 日本模擬国連日吉研究会第23期研究統括
  • グローバル・クラスルーム日本委員会理事
  • 2018年日本模擬国連日吉研究会強化会議 「食糧安全保障〜How to feed 9 billion in 2050〜」会議監督
  • 2018年度日本模擬国連日吉研究会秋会議 「死刑制度について」議長
  • 2018年度日本模擬国連関東事務局五研新メン会議 「多国籍企業と人権」会議監督
  • 2019年

  • グローバル・クラスルーム日本委員会理事・運営主任
  • 2019年度日本模擬国連関東事務局五研春の一日体験会議 「すべての人々の安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスの保障」会議監督
  • 第19回模擬国連会議関西大会 「コソボ情勢」会議顧問
児玉より抱負

 今年で模擬国連をはじめてから足掛け7年目になりました。この活動を続けていると大変なこともたくさんありましたが、それ以上に得られるものが多く、間違いなく自分の成長につながったと実感しています。本年度はみなさんがよりこの活動に取り組みやすく、成長できる環境となるよう改革担当という立場から貢献していきます。そのために、今までに解決できなかった多くの課題を一つでも、一歩でも前に進めることができるよう、今年一年努めて参ります。


広報担当
高橋 伸宜
Nobuki TAKAHASHI

出身地:大阪府高槻市
京都産業大学経営学部 2年次在学
経歴

    2019年

  • 日本模擬国連京都研究会第26期総務(情報処理・広報)
  • 2019年日本模擬国連関西事務局広報
高橋より抱負

組織の発展、そして模擬国連の発展にも寄与できる広報を目指します。


ホームページ担当
石本 達也
Tatsuya ISHIMOTO

出身地:大阪府大阪市
東京大学工学部化学システム工学科 4年次在学
経歴

    2017年

  • 日本模擬国連駒場研究会第10期総務統括・研究・企画・新歓・情報処理担当
  • グローバル・クラスルーム日本委員会研究
  • 2017年日本模擬国連駒場研究会新歓会議 「情報通信技術を生かした社会開発」会議監督
  • 2017年日本模擬国連駒場研究会秋会議 「日本の戦犯裁判に関する基本政策」秘書官
  • 2017年日本模擬国連駒場研究会後期会議 「2005 年世界サミット成果文書の人間の安全保障に関するパラグラフ143 のフォローアップ」会議監督
  • 2017年度日本模擬国連関東事務局五研新メン会議 「先住民族の権利」秘書官
  • 第29回模擬国連会議全日本大会事務局 特別情報担当
  • 2018年

  • 2018年日本模擬国連駒場研究会強化会議 「2003年イラク危機」秘書官
  • グローバル・クラスルーム日本委員会研究主任
  • 第12回全日本高校模擬国連大会会議総監督
  • 2019年

  • グローバル・クラスルーム日本委員会研究
  • 2019年度日本模擬国連関東事務局五研春の一日体験会議 「国際テロリズム廃絶措置」秘書官
石本より抱負

模擬国連がより多くの方に知っていただけるように頑張ります。






2014年度代表部の役員紹介はこちらから。
2015年度代表部の役員紹介はこちらから。
2016年度代表部の役員紹介はこちらから。
2017年度代表部の役員紹介はこちらから。


ページのトップへ戻る