研究会・支部紹介 - 四ツ谷研究会


代表挨拶

yamauchi
 こんにちは!四ツ谷研究会36期会長の馬場加奈です。

四ツ谷研究会(通称よつけん)は、上智大学、法政大学、獨協大学をはじめ、津田塾大学、明治学院大学、立教大学、東京農業大学などの多様な大学からの個性豊かな学生で構成された研究会です。活動日は毎週木曜日で、主に上智大学の教室で活動を行なっています。通常活動では、会議に向けた勉強会を行い、国際法など会議に必要な知識も日々補っています。

四ツ谷研究会の魅力として、伝統・英語・メリハリの三点を挙げることができます。

四ツ谷研究会は、元国連難民高等弁務官であり、上智大学名誉教授の緒方貞子氏の顧問のもと発足し、今年で37年目を迎えます。その歴史の長さゆえに、様々なOB・OGの方とお会いし、お話を伺うことができる機会もあります。

また、会議中のスピーチや、会議の結果として最後に皆で作り上げる「成果文書」でも積極的に英語を使用しているため、一つ一つの会議を通して、英語力を向上させることもできます。

そして、最後のメリハリというのは、会議と、それ以外の時間でのメリハリを指しています。会議中は、一人一人が真剣に会議に向き合い、白熱した議論を繰り広げる一方で、それ以外の時間では、先輩後輩関係なく仲良くなれる、アットホームな雰囲気があります。また、季節ごとの企画(海水浴や温泉、スキーなど)も充実していて、会議にも遊びにも全力で取り組むことができます。

模擬国連は、歴史上起こった、また現在起こっている国際問題への理解を深められるだけでなく、その問題の解決のため、国を背負った1人の外交官として議論や交渉を行うことで、幅広い学びの機会を得ることのできる魅力的な活動です。
そして日本模擬国連は、全国大会や大規模な企画もあり、研究会を超えた会議や交流も活発なコミュニティです。四ツ谷研究会をスタート地点として、全国の仲間と交流し、自分のことを高めていって欲しいと思います。

四ツ谷研究会は、皆さんが新たなよつけん民として、私たちとともに新たな歴史を作る一員となってくださることを、心より楽しみにしています!


2017年度 四ツ谷研究会 第36期会長
上智大学法学部国際関係法学科2年 馬場加奈



活動場所・日時

毎週木曜日 18:00~20:00 上智大学 四谷キャンパス


HP・SNS

HP:https://mun-yotsuya-branch.jimdo.com
Facebook:https://www.facebook.com/JMUNyotsuya
Twitter:@yotsuya_MUN


イベント情報

四ツ谷研究会が主催する会議の情報は、こちらからご覧ください!


所属大学

上智大学・法政大学・獨協大学・首都大学東京・明治大学・立教大学・東京海洋大学など


ページのトップへ戻る