研究会・支部紹介 - 早稲田研究会


代表挨拶

noguchi

JMUNホームページをご覧の皆さま、こんにちは!
模擬国連早稲田研究会35期会長の藤井里彩です。

早稲田研究会(通称わせけん)は、早稲田大学を始め学習院大学、日本女子大学、お茶の水女子大学などの学生で構成された研究会です。活動日は毎週火曜日で、主に早稲田大学の空き教室で活動しています。毎週の活動では勉強会やワークショップを通して国際情勢や国際法についての見識を深め、定期的に会議合宿を開催し活発に議論を交わしています。

模擬国連では各々が一国の大使になりきり、多角的な視点から国際問題に真剣に向き合います。ディベートサークルのように相手を論破するのではありません。かと言って大学の講義のように一方向に教わるわけでもありません。自らその問題に向き合い、考え抜き、発信し、議論する…模擬国連ではこれら全ての力を養い、試すことが出来ます。
いかにも堅苦しく難しそうですね…。確かに容易な活動ではありませんが、一生懸命取り組んだ先には多くの収穫があるでしょう。

もちろんスキル習得も重要ですが、わせけんでは会議と同じくらい遊びに力を入れています。定期的なアフター(活動後のご飯会)はもちろん、二泊三日遊び倒す遊び合宿、ハロウィンパーティー、早稲田祭への出店など多くの遊び企画があります。早稲田らしいパワフルさやカオスさを身をもって体感できるでしょう。

国連に興味がある、将来外交官になりたい、かっこいい肩書が欲しい…どんな理由でも構いません。興味を持ってくれた方は是非一度遊びに来てください!様々なバックグラウンドを持つ個性豊かな“わせけん民”とたくさん議論してたくさん遊びましょう!

2017年度 早稲田研究会 第35期代表
早稲田大学法学部2年 藤井 里彩



活動場所・日時

毎週火曜日 18:15~ 早稲田大学 早稲田キャンパス


HP・SNS

HP:http://waseken2015.wix.com/mun-waseda


イベント情報

早稲田研究会が主催する会議の情報は、こちらからご覧ください!


所属大学

早稲田大学・学習院大学・お茶の水女子大学・日本女子大学など


ページのトップへ戻る