研究会・支部紹介 - 国立研究会


代表挨拶

kuroda

 こんにちは!国立研究会第37期会長の黒田歩佑(あゆ)と申します。

 当研究会は毎週水曜日の17:30~19:30の間、主に一橋大学を拠点として活動しています。一橋大学以外にも、東京外国語大学、津田塾大学、国際基督教大学など、様々な大学から会員が集まっています。

 国立研究会で行われる年6回の会議のうち、ほとんどは「史実」をもとにした会議であり、その結果は過去に記されています。そのため「何も生み出しはしないのに、やる意味はあるのか」と問われることも少なくありません。確かに私たちがいくら会議を作り、参加したところで未来になんの変化も訪れないことは事実です。しかし「自分自身」は変わることができる。そう私は実感しています。多くの国際問題をその都度自分の担当する国の視点から見つめることで、正解の多様性に気づき、また外交の難しさにも気づくでしょう。そして目の前で繰り広げられる議論に圧倒され沈黙していた自分は、時が経つにつれ今度は率先して会議を引っ張っていくことでしょう。このように模擬国連は、自身に知識を与えその使い道を示す道標のような役割をもっています。

 そして模擬国連の1番の魅力は「発言すること」に集約されると私は考えています。

 毎週の活動によって国際問題の知識と理解が深まり、各国の立場を経験することで多角的な視点が得られることは言うまでもないことです。そこで得た知識を材料として担当国のスタンスを作り上げ、確固たる主張を構築する作業こそが「知識のアウトプット」であり、これは模擬国連の特性と言えます。そして構築した論理を実際の会議で発言する。いくら想定したとしてもここでの会議は予想外の主張や反論が次々と飛び交うため、自分の持つ知識の中から臨機応変に論理を構築し戦う必要があります。このように得た知識を武器として、変わり続ける会議の流れの中で「生き抜く」ことが模擬国連の醍醐味だと私は思います。

 また国立研究会では会議以外にも多くのイベントが企画され、会員同士の交流も盛んです。ピクニックやBBQ、夏合宿にハロウィンなど、いち大学生として遊びにも全力です。

 国際問題に興味のある人はもちろん、あまりないという人でも「議論」してみたい人は大歓迎です。国立研究会に入会する人の理由はさまざまで、会議に対する姿勢も多様性があります。どんな理由でも、少しでも興味を持っていただけたならばぜひ国立研究会に足を運んでみてください。国立研究会会員一同、心よりお待ちしております。



2019年度 国立研究会 第37期会長
成蹊大学文学部日本文学科3年 黒田 歩佑


活動場所・日時

毎週水曜日 17:00~19:00 一橋大学 国立キャンパス


HP・SNS

HP:https://kunikenkoho.wixsite.com/kunitachi


イベント情報

国立研究会が主催する会議の情報は、こちらからご覧ください!


所属大学

一橋大学・東京外国語大学・津田塾大学・東京経済大学・国際基督教大学など


ページのトップへ戻る